製品情報

製品案内

段ボールについて

段ボールの材料は原紙と呼ばれるライナーと中芯(なかしん)に大別されます。両方とも最初はロール状に巻かれています。 ライナーは見える面になる紙で、芯となる波型に加工された紙が中芯です。 これをデンプン糊で接着して段ボールシートが成形されます。

 

 

段ボールシート

本来の意味である「段ボール」は段ボールシートのことを指し、様々な段ボール製品の素材となります。 ライナーにフルーテッド加工(波型加工)をした中芯を貼り付け、さらに裏側にライナーを貼り付けた3層構造の板状の製品です。
中芯の山の密度を指すフルートには、Aフルート・Bフルート・Cフルート・Eフルート・Fフルート・Gフルート等の規格があり、Gに近づくほど細かい波形となります(CフルートだけはAとBの中間の厚み)。 Aフルート、Bフルート、5層構造のWフルートは私達の生活で身近な製品です。

段ボール箱

段ボール箱は、段ボールシートを素材とした箱です。。 梱包材料として、軽さと強度、衝撃吸収性、組み立てられる利便性などから、宅配便、引越し等の運送業、製品の安全な輸送等、従来の木箱に取って代わるようになりました。 日常的に「段ボール」という言葉を使う場合、この段ボール箱を指すことが多いようです。

 

 

製品一覧

段ボール箱製品
A式

最も普及している形状で、箱の上下に開閉可能な蓋がついています(俗に言うみかん箱)

C式

本体の箱にフタをかぶせて使う形式の箱です。(贈答用ビール箱等)

底ワンタッチケース

上面のフタはA式と同じですが、底部分があらかじめ接着されており、展開 した段階で底面ができあがります。
組み立てが簡単で、底面をガムテープで閉じる必要がありません。

ラップアラウンド

自動箱詰め機用の段ボールです。
成形された段ボールシート上に物品載せ、これを包み込むように箱を成形します。(飲料缶の箱等)

撥水・耐水段ボール

特殊な表面加工を施し、紙でありながら水に強い段ボール箱になります。
(農作物の箱等)

 

段ボール部品

パット

箱内面で物品の上下左右の補強や、中身を区分けするための段ボールシートです。

組仕切

箱の中で中身を区分けする井桁状に組んだ段ボールシートの詰め物です。

緩衝材

リサイクルなどの問題で発砲スチロールに代わる素材として段ボールが増えています。

上記製品は当社で取り扱う段ボール製品の一例です。 ここに掲載していない製品も製造可能ですので、ご相談下さい。

規格品について
段ボール箱には、封筒やコピー用紙のように規格サイズはありません。 包装材料店、ホームセンター等で販売されている段ボール箱はそれぞれのショップの独自規格で作られています。

既製品はいつでも・少数でも手に入る便利さはありますが、中身にピッタリの箱はなかなかありません。 緩衝材や新聞紙などを入れて梱包すると、余計な時間と費用がかかってしまう上、お届け先にも、不要な梱包物を処分しなければならない負担をかけてしまいます。 ぴったりと心地よく、見た目にもいいように、段ボール箱はすべてオーダーメイドで作られます。

↑ ページの上部へ