会社情報 COMPANY

会社概要

商号 株式会社トーシンパッケージ
設立年月日 昭和45年11月7日
主たる株主 株式会社トーモク 100%
代表者 内野 貢
資本金 8,000万円
売上高 4,204百万円(2018年4月1日~2019年3月31日)
従業員数 98名
事業内容 段ボール製品(シート、ケース)の製造及び販売
化粧箱その他包装資材販売
事業所
本社
〒347-0017 埼玉県加須市南篠崎1丁目4番地
TEL 0480-65-1211
FAX 0480-65-5189
大利根工場
〒347-0004 埼玉県加須市古川1丁目2番地3
TEL 0480-68-5580
FAX 0480-68-5585
子会社
株式会社太田ダンボール
〒370-0306 群馬県太田市新田市野倉町280番11号
TEL 027-657-7166
FAX 027-657-7167
取引銀行 三井住友銀行 春日部支店
足利銀行 加須支店
主要仕入先
(敬称略)
  • 株式会社トーモク
  • 株式会社ホクヨー
  • 丸紅紙パルプ販売株式会社
  • 三菱商事パッケージング株式会社
  • 東洋インキ株式会社
主要取引先
(敬称略)
  • 株式会社トーモク
  • 日清製粉株式会社
  • ヤマザキビスケット株式会社
  • 株式会社ギンビス
  • 株式会社稲葉製作所
  • 株式会社日立物流
  • フジパン株式会社
他百数十社

社長あいさつ

当社は、昭和45年に埼玉県の北東部の加須市に設立され、
翌年1月に段ボール工場として本社工場を開場し、昭和62年には第2工場の大利根工場を開場いたしました。

当社は、平成16年に株式会社トーモクの完全子会社となりました。
当社がトーモクの館林工場(群馬県)、岩槻工場(埼玉県)の2大工場の中間地点に位置し、
中小ロットの段ボール製造に特化することで、北関東エリアでの両工場の補完的役割を担っております。

加須市内に2工場を展開し、コルゲートマシン2台を有する当社は、東北自動車道加須ICからほど近く、
お客様には地の利を生かしたきめ細やかなサービスを行っています。
創業から50年に亘る販売実績は、さまざまなお客様からご支持いただいている信頼の証であると考えております。

古紙を主原料として作られる段ボールは、ほぼ100%リサイクル可能な包装材であり、
循環型で再生可能な地球環境にも優しい包装材であります。
当社は、トーモクグループの「環境にやさしく、ビジネスと暮らしを包む」のモットーのもと、
安全で高品質な価値ある製品を提供することによりお客様からご信頼をいただくと共に、
企業活動を通してより良い社会、持続可能な社会の実現のために、貢献してまいります。

お客様の皆様におかれましては、これからも引続きお引き立て、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

沿革

昭和45年11月 日清紙工株式会社として資本金2,000万円にて設立
昭和46年01月 第一工場(現本社工場)開設
昭和48年10月 資本金 5,000万円に増資
昭和58年10月 資本金 8,000万円に増資
昭和62年 4月 第二工場を紙器工場として開設
平成16年 3月 株式会社トーモクの完全子会社となる
平成17年 4月 第二工場を段ボール工場として大利根工場と改変
平成18年 4月 株式会社トーシンパッケージに社名変更